Loading

琉球泡盛県外展開強化事業

概要

沖縄県を代表する特産品、琉球泡盛の普及啓発及び需要開拓に関する事業を実施するとともに、取引機会を創出し、そして琉球泡盛の県外出荷の拡大を図り、県経済振興に寄与する移出型産業としてより確立し、成長戦略のもとに多角的な取り組みを行なう。

課題

琉球泡盛の消費拡大のため、観光客を対象に、泡盛の普及啓発、継続的な購買動機を促す仕掛けによる需要開拓に資する取り組みが必要。

解決策

県内のホテル・飲食店、首都圏の飲食店において、泡盛の新カクテル「58KACHA-SEA」のメニュー化実施。
観光情報サイト「たびらい沖縄」にて「58KACHA-SEA特集」を制作、情報発信。
県内の酒造所を周遊してもらうためのパスポート「酒蔵Pass」の発行、配布。

結果

県内ホテル23施設、県内飲食店63店舗、首都圏飲食店35店舗にて58KACHA-SEAをメニュー化。「たびらい沖縄」での特集掲載とSNS(34,872リーチ)・メールマガジン(188,391通)を使用して58KACHA-SEAの認知度向上を図ることができた。酒蔵Passでは34の施設を掲載し、3,000部を発行して305回の利用実績があった。

関連記事

  1. 沖縄市観光広報活動業務
  2. 文化観光戦略推進事業(シップオブ琉球プロモーション)
  3. 観光2次交通機能強化事業
  4. 離島観光・交流促進事業(島あっちぃ)
  5. 「おきなわ食材の店」における県産食材利用拡大事業

最新の実績

  1. ShipoftheRyukyu
  2. 混雑する那覇空港のターミナル風景
PAGE TOP