Loading

「おきなわ食材の店」における県産食材利用拡大事業

概要

飲食店における県産食材の利用促進、地産地消推進を図るため、県産食材を積極的に利用している飲食店等を「おきなわ食材の店」として登録する制度を沖縄県が実施し、「おきなわ食材の店」の活性化と地産地消推進を目指す。

課題

地産地消を推進するために「おきなわ食材の店」の登録制度、PR活動等を行なっているが、県民により認知してもらうための効果的なプロモーションを実施する必要がある。

解決策

琉球朝日放送の情報番組「旬感Qアプリ」と県民向け情報サイト「ちゅらとく」にて「地産地消シンポジウム」と「おきなわ食材の店料理試食会」の告知を行ない、県民に対して認知度を向上させていく。

結果

「旬感Qアプリ」では約9%の視聴率を獲得。「ちゅらとく」ではWEB記事でPV1,600、SNSリーチ数12,000を獲得し、県民に対して効果的にPRを行なうことができた。

関連記事

  1. 文化観光戦略推進事業(シップオブ琉球プロモーション)
  2. 沖縄市観光広報活動業務
  3. 離島観光・交流促進事業(島あっちぃ)
  4. 観光2次交通機能強化事業
  5. 琉球泡盛県外展開強化事業

最新の実績

PAGE TOP