Loading

観光2次交通機能強化事業

概要

那覇空港でのレンタカー待ち滞留者の分散化を目的に、バス、タクシー等を活用し、レンタカー送迎車両を使わないモデルの構築を図る。

課題

那覇空港では繁忙期にレンタカー待ちの観光客が空港中ノ島(レンタカー待合所)に滞留し、ピーク時は1時間以上待ち時間が発生する等、ストレスの要因となっている。

解決策

観光バスや観光タクシー等とレンタカー受渡を組み合わせ、空港からは観光バス、タクシー等で移動し、空港以外でのレンタカー受渡をできるモデルの構築を実施した。

結果

「初日に空港でレンタカーを借りるより、効率良くスムーズに観光することができたため時間の節約になった」のご意見をいただく等、レンタカー受渡の待ち時間のストレスを軽減することが可能となった。

関連記事

  1. 琉球泡盛県外展開強化事業
  2. 沖縄市観光広報活動業務
  3. 文化観光戦略推進事業(シップオブ琉球プロモーション)
  4. 「おきなわ食材の店」における県産食材利用拡大事業
  5. 離島観光・交流促進事業(島あっちぃ)

最新の実績

  1. ShipoftheRyukyu
  2. 混雑する那覇空港のターミナル風景
PAGE TOP